夷川恵比須社

境内西側にある末社 夷川社の御祭神で 等身大 座像の『恵比須神像

黒光りしてツヤがあり石のように見えますが、木造寄木造りになっております。


江戸時代に書かれた『京町鑑-キョウマチカガミ-』には‥‥

【古老云、往古西洞院中御門今いふ椹木町に北山の下流あらはれ、又此辺に蛭子社有しゆへ恵比須川と号し、其後次第に人家建つづきしゆへに通の名とす。應仁亂に此社亡滅し川も埋れ侍りしが不思議に蛭子の尊像残り・・・云々】とあり、この御神像が当神社に祀られたと伝えられている。